情報技術センターがフィリピン大学との研究協力協定を締結しました

東海大学情報技術センター(TRIC)ではこのほど、フィリピン大学との間で研究協力協定(MOU)を締結しました。フィリピン大学は、全10キャンパスに学生数約5万人、教職員数4000人が所属しているフィリピンでもトップクラスの総合大学で、本学と同様に文系から理系までさまざまな学部・研究所で構成されています。・・・詳細はこちら>>

 

 

「防災フォーラム@平塚―災害に強い平塚市を目指して―」を開催しました

2018年1月13日に平塚市美術館ミュージアムホールで「防災フォーラム@平塚―災害に強い平塚市を目指して―」(共催:2017年度東海大学To-Collaboプログラム 大学推進プロジェクト「地域デザイン計画 安心安全事業」、協賛:平塚市)を開催しました。

詳しくはこちら>>

国際会議 ICT-DM2017 において2件の発表を行いました

12月11日~13日にドイツのミュンスターで開催された国際会議 ICT-DM2017 (第4回災害マネジメントのための情報通信技術に関する国際会議)において、本プロジェクトの研究成果2件の発表を行いました。

 

  • Masafumi Kosugi, Keisuke Utsu, Sachi Tajima, Makoto Tomita, Yoshitaka Kajita, Yoshiro Yamamoto, Osamu Uchida, “Improvement of Twitter-based Disaster-related Information Sharing System”, 4th International Conference on Information and Communication Technologies for Disaster Management, Dec. 2017.
  • Keisuke Utsu, Ayami Manaka, Koki Nakafuri, Osamu Uchida, “Web Application Prototype for Collecting Disaster-related Information Focusing on Tweets Immediately after Retweeting News Posts”, 4th International Conference on Information and Communication Technologies for Disaster Management, Dec. 2017.

「防災フォーラム@平塚 -災害に強い平塚市を目指して-」を開催

2018年1月13日に「防災フォーラム@平塚 -災害に強い平塚市を目指して-」を、東海大学To-Collaboプログラム 大学推進プロジェクト「地域デザイン計画 安心安全事業」と共催で開催します(協賛:平塚市)。

どなたでもご参加いただけますので、是非ご来場ください(参加費無料・参加申し込み不要)。

日時:2018年1月13日(土)13:00~16:30

会場:平塚市美術館 ミュージアムホール(神奈川県平塚市西八幡1-3-3)

プログラム:

13:00~13:05 開会の辞:東海大学副学長 吉田 一也

13:05~13:10 平塚市挨拶:平塚市長 落合 克宏

13:10~13:40 招待講演(1) 「防災における衛星情報の活用」:宇宙航空研究開発機構(JAXA)衛星利用運用センター長 内藤 一郎

13:40~14:00 招待講演(2)「測量技術を活用した国土地理院の災害対応」
:国土地理院応用地理部地理調査課 課長補佐 根本 正美

14:00~14:30 グローカルモニタリングの目指すもの:

東海大学情報技術センター所長 長 幸平

東海大学情報理工学部情報科学科 教授 内田 理

14:30~14:45 休憩

14:45~15:05 平塚市の防災への取り組み:平塚市防災危機管理部長 佐野 勉

15:05~15:25 市民による地域防災の活動:湘南FMナパサ パーソナリティ 山田 美智子

15:25~15:35 安心安全事業のこれまでの成果:東海大学工学部土木工学科 教授 梶田 佳孝

15:40~16:20 パネルディスカッション

話題提供:

リモート・センシング技術センター(RESTEC)ソリューション事業部長 向井田 明

平塚市自治会連絡協議会会長 秋山 博

16:20~16:30 閉会の辞 東海大学地域連携センター所長 池村 明生